円水社+プラス

四字熟語の愉しみ

「艱難険阻」(かんなんけんそ)2022年1月19日
 バイデン大統領が主宰した「民主主義サミット」では、中国の「民主」は ldquo;専制主義rdquo;であるとして西側の民主主義の優位性を示そうとしたのでした。中国は12月4日に白書「中国的民主」(国務院新聞弁公...
「如虎添翼」(じょこてんよく)2022年1月12日
 子どものころバリカンで坊主頭にされて、刈りあとがそのままのトラ刈りはなつかしい。ここは十二年に一度のトラ狩りで、虎にちなむ成語を前回と合わせていくつか。 飼いならした虎に噛まれて傷ついてしまうのが「養虎為患」、...
「両虎共闘」(りょうこきょうとう)2022年1月5日
 壬寅の年の賀状をいただきましたが、虎の図柄はどれもやさしい猫のような風体をしています。ここに記すような虎の実体は年賀には合わないのでしょう。お一人だけ正面からの「虎視耽耽」の虎でした。妥協を許さないご本人の性格...

円水社+プラス Blog

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。