円水社+プラス

四字熟語の愉しみ

「遊手好閑」(ゆうしゅこうかん)2019年/02月/20日
 近ごろのテレビ番組にお笑いや料理・食べ歩きが多いことに気づきます。手を遊ばせて生産的なしごとから離れて安逸にすごすことが「遊手好閑」(『紅楼夢「六五回」』など)です。用いるのは口ばかり。口の用はしゃべることとたべること。それを見て一日を「遊手好閑」に...
「冬日暖陽」(とうじつだんよう)2019年/02月/13日
 晩年を自在に過ごした唐の白居易は、その「自在」詩に「杲杲(こうこう)冬日光 明暖真可愛」と初句に述べて、ながいすを陽のあたるところに移して日だまりで一人語りをしています。が、「冬日之陽」は長く君王の人民に対する恩恵として専用されてきたために、自然のぬ...
「春満人間」(しゅんまんじんかん)2019年/02月/06日
「春満人間」(曽恐『元豊類稿「班春亭」』など)は、生き生きとした春の気配が人びとの間に満ち溢れるようす。春の気が足りないうちは、「筆下春風」や「筆頭生花」や「筆底春風」でもりたてます。そうこうするうちに「春暖花香」の季節がやってくるのです。  今年の...

円水社+プラス Blog

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。