円水社+プラス

四字熟語の愉しみ

風和日麗(ふうわにちれい)2019年4月17日
 前回みたとおり「令和」の典拠『万葉集』(天平2年、730年)の「初春令月、気淑風和」の八字は王羲之「蘭亭集序」の「天朗気清、恵風和暢」と『文選』にある張衡「帰田賦」の「仲春令月、時和気清」からの化用(借用)がい...
「令月嘉辰」(れいげつかしん)2019年4月10日
 新元号「令和」が大化(645年)から248番目で初めて国書『万葉集』からとし、令(よ)き大和民族の特性「国風」の誇りにつなげた首相発言に対して、日中双方から漢字文化圏の豊かさを削ぐべきでないとする意見が出ていま...
「恵風和暢」(けいふうわちょう)2019年4月3日
 4月1日、新元号が「令和」と決まりました。「和」には「昭和・平和」への連想があって違和感がなく好評ですが、典故は漢籍と国書『万葉集』の双方とすべきだったでしょう。 大宰府の自邸で、王羲之の蘭亭の宴に似せて梅見の...

円水社+プラス Blog

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。