円水社+プラス

四字熟語の愉しみ

『忘年之好』(ぼうねんしこう)2020年11月25日
 コロナ禍であけくれた日々を過ごして年をしめくくる「忘年会」はどうするのでしょう。東京オリパラで国際的に華やぐ年になるはずだった2020年・令和2年は、早く忘れ去ってしまいたい年に。実は日本語の「忘年」は本意を忘...
『太公釣魚』(たいこうちょうぎょ)2020年11月18日
 三密を避けて外ですごすということならば太公望をきめこんで釣り糸を垂れるのもいい。言われなくともソーシャル・ディスタンスはとれているし釣り談議や思わぬ出会いの場ともなる。釣り人の代名詞「太公望」というのは「わが太...
「民安物阜」(みんあんぶつふ)2020年11月11日
 民衆が平安で物産が豊富であることを「民安物阜」(『水滸伝「九九回」』など)といいます。阜は多く盛んなようす。「民康物阜」ともいいます。康はやすらか。いま中国が国家目標としている「小康社会」の「康」です。「中国夢...

円水社+プラス Blog

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。