円水社+プラス

四字熟語の愉しみ

「衆志成城」(しゅうしせいじょう)2022年8月17日
 あれこれの困難な事象の対処についてみられるこの成語は、すでに『国語「周語下」』に諺として「衆心成城、衆口錬金」として現れます。のちに「衆志成城」として、時代を超えて意味合いを変えずに用いられてきました。志をひと...
「巧遅拙速」(こうちせっそく)2022年8月10日
「巧拙」にかんして、「巧遅」は出来はいいが仕上がりが遅い、「拙速」は出来はまずまずでも仕上がりが速いという対立する二者を「巧遅拙速」(李東陽『麓堂詩話』など)として合わせて用いています。その上で「巧遅は拙速に如か...
「美食甘寝」(びしょくかんしん)2022年8月3日
 美味しいものを食べて、心地よくやすむ「美食甘寝」(陳翰『異聞集「廬江馮媼」』など)というのは、歴代の皇帝の周辺にはありえても、百姓の民には夢としてありつづけてきました。2000年の貧困を脱し、「民為邦本」の民を...

円水社+プラス Blog

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。