円水社+プラス

四字熟語の愉しみ

「天香国色」(てんこうこくしょく)2019年12月4日
 これまで中国には国花がありませんでした。ひとつに絞り切れない事情があるからで、中国花卉協会が今年7月にオンライン投票で国花選定を呼びかけた結果、36万票のうち牡丹がダントツ(79%)で、あとは梅、蘭、蓮、菊の順...
「泥牛入海」(でいぎゅうにゅうかい)2019年11月27日
 時代により意味合いが異なってしまう四字熟語の例は「走馬看花」などで見てきましたが、この「泥牛入海」(釈道原『景徳伝灯録「巻八」』から)は立場により異なる例です。宋代になった禅宗語録の『景徳伝灯録』からは本稿でも...
「通家之好」(つうかしこう)2019年11月20日
 両家の交流が一家のように親しく通家百年、累世通家であることを「通家之好」(秦簡夫『東堂老「第四折」』など)といいます。後漢末期の乱世を生きた孔融と李膺とは祖先が孔子と李耳(老子)というのですから累世通家の代表で...

円水社+プラス Blog

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。